360° days

2児の時短ワーママ5年生。 思ったことや経験したことが少しでも「誰かの役に立つ」そんな 自分の360°を価値あるものに変える働き方を目指して、仕事・子育てのバランスを模索中

【セルフサービスのススメ】 子供が1人でお茶を飲めるしくみづくりで「自分でできる」を育もう

 

f:id:ann360days:20190410090120j:image

こんにちは、ワーママ5年目のあん @ann360daysです。

 

突然ですが、お子さんのお茶の準備は誰がしていますか?

未就学児を抱えるご家庭の場合、ほぼ親がしている事が多いのではないでしょうか。

我が家も例にもれず平日ワンオペの私の仕事だったのですが、

いかんせん・・・お茶の準備ってものは、

・回数が多い。

・作業がすべて中断される。

んですよね!!

これからの季節、水分補給の機会も多くなる=お茶を準備する回数が増える。

 

ということは比例して私の従事する時間も増えていく訳で。。。

なんとか家族みんなが円満な方法を考えなくては!と考えた結果、

お茶をセルフサービス式に切り替えてみました。

今のところうまくいっているので今日はその方法を紹介したいと思います。

セルフサービス導入前

 ●帰宅後/夕飯時
「お茶くださーい」
「こぼれたー、もう一回ちょうだい」
「おかわりー」
短いタイムスパンでやってくる子供達の
お茶飲みたいコール。 
 
しかも同時期ではなく時間差攻撃でされると
たまったものじゃありません。
子供達は中盤に差し掛かっているにも関わらず、
親は一口も食べれていない時もしばしば。
 
座ってご飯をゆっくり食べたい!
 
●風呂上がり
「喉乾いたー、お茶どこーー?」
半裸のままもう一人の子供の体を保湿してる最中
(もちろん自分の保湿はまだ)だったり、
とにかくバスタオルを巻く時間くらいおくれ!
と頼みたくなります。
 
→お茶を準備する役目を各々に譲渡したい。
 
●就寝前
バタバタと寝る準備完了と思って寝室に
向かおうとすると「喉かわいたー」のダメおし。
やかんを傾けるも空っぽ・・・
 
●朝
自宅を出る5分前に水筒にお茶を入れる時に
はじめて足りないと気付く。
慌ててお茶を作るも氷もストックが尽きてる日は
生あたたかいお茶を水筒に入れていく日も・・・
 
 →ストックの容量UP・見える化の必要性
 

導入のきっかけ

 

ランチタイムにホットコーヒーが無料の
お店があって、セルフサービスになってるんですが、
レバー1つでコーヒーが出る保温サーバーを見て、
 
「あぁ、こういうのあったら自分で飲んでくれて
便利だなぁ・・・」
「いつでも好きな時にお茶が飲めるように
セルフサービスにしよう!」
 
と思い立ったのがきっかけです。
 

希望条件

・キッチン棚の炊飯器の横に収納したい(高さ34cm)
 子供が取り出しやすく注ぎやすい高さにある(床から65cm)
・値段が高すぎない
・洗いやすい
・保温機能はなくてもOK
・冷蔵庫で保管できる
・シンプル
・残量が分かりやすい
 

 何使う?

●保温 ポット

子供の背の高さを基準にすると、上から体重を

かける必要がある。→椅子が必要
→いるアイテムを増やしたくない。
椅子を使うことで落下してひっくり返す心配もあるのでなし。
 
●ウォータージャグ
重いものを取り出して注ぐ動作は極力避けたい。
スイッチ1つででてくるものがベスト。
 
●メイソンジャー
・おしゃれで涼しげ
・重い
・洗いにくそう
ずぼらな私には、使いこなせる自信なし。
 

 最終候補 

スイッチタイプのドリンクディスペンサー

 

・保温機能付き
・値段高い(8000円前後)
・シンプルで機能的
 
致命的な難点発見!!
なんとキッチンカウンターの高さに収まらない!
(10cm程オーバー)
 
一瞬、専用カウンターを別途設置するという案も
頭をよぎりましたが、リビングの導線上邪魔に
なるので炊飯器横に設置できる高さのものを
再度探すことに。
 

採用

HAC 折りたたみ式ウォータージャグ

 
 

セルフサービス、はじめました

Amazon prime会員の為翌日届いたので
早速開けてみました。
 
f:id:ann360days:20190410054030j:image
 
コンパクト!!!
ジャバラを伸ばしてみます。
f:id:ann360days:20190410054047j:image
早速炊飯器横のスライド式収納スペースに設置。
高さも充分余裕あり。
f:id:ann360days:20190410054107j:image
 
コップ、水筒共に難なく注げます。
 
 f:id:ann360days:20190410054121j:image
 
 
日中や、夜使わない時は圧縮して冷蔵庫で保管も
できちゃう。冷蔵庫からそのまま注いでもOK
 
f:id:ann360days:20190410054155j:image
 
[選んだ理由]
・収納スペースの高さ内
・お試し価格(2000円弱)
・蓋が大口で洗いやすい
・軽くて持ち運び便利
・大容量 (5.5L)
・シンプルなみため
・折りたたみ式で高さ調節可能
 
あとは簡易な作りの為、耐久性は今後に期待します。
 

習慣づけるコツ

 
・最初に見本を見せる
・自分でやる時に見守る
・自分用の雑巾を近くに準備
・プラスワードの声かけ
「できたね!」「好きな時に飲めていいね!」
「ちょうどいい量注げてるね」
 
お茶をこぼしても「あーあ」という心の声はぐっと
堪えて「こぼれるよって言ったでしょ」
「だから言ったのに」等のマイナスワードは言わない。
 
こぼれても淡々と穏やかに進めます。
「タオル持ってきて拭いたら大丈夫だよ。」
「難しかったらお母さんも一緒にやろうかな」
この時にやり方をもう一度みせてあげるのもポイント。
 
「1.2.3秒で止めるとちょうどいいよ、
足りなかったらもうすこし長く数えてごらん」
最初さえ見守ってあげたら、段々自分でコツをつかんでいきます。
最近は加減がわかってきたみたいで、
こぼす回数もほぼなくなってきました。
 

 セルフサービス導入後

親のお茶を準備する手間を解消したい。
後々は自分でやってもらうようにしたいと
導入した「お茶のセルフサービス」ですが、
当初の目標に加え嬉しい副産物も・・・
 
・お茶作ったっけ?の朝の確認がなくなった
・朝急いで沸かすことがなくなった(早めに作る習慣ついた)
・自分で注いで、こぼれたら拭くの一連の流れが
「身の回りのことを自分でやる」につながった
・保育園の水筒準備を各自でしてくれるようになった
 

まとめ 

子供が1人で完結できるしくみづくりで
「自分でできる」を育んで親も子もストレスフリー。
 
時間と作業が出来る手には限りがあるから、
本人ができるものはどんどん親の手から離して、
家族全員が「身の回りのことを自分でやる」
をスタンダードにしていこう。
 
幼少期の種まきで将来の家族みんなが
素敵なことに時間を費やせますように。